読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yondana

読んだこと、学んだこと、楽しんだこと、思ったことを書き留めてしまっておく場所。

「週4時間」だけ働く。|ステップ1 定義(Definition)の「D」の感想

本の紹介

こんにちは。

 

友達のすすめで、『「週4時間」だけ働く。』(著:ティモシー・フェリス)を読んでいます。

 

強い勧めだったのですぐにAmazonで購入し、次の日カフェで早速読み始めたのですが、全部で637ページとなかなかのボリューム。

 

すべて読みきる頃には最初の頃の内容を忘れてしまいそうなので、大きな段落ごとにエントリにしていくことにしました。

 

この本は大きく分けて、

 

  • はじめに 知っておいてほしいこと
  • ステップ1 定義(Definition)の「D」
  • ステップ2 捨てる(Elimination)の「E」
  • ステップ3 自動化(Automation)の「A」
  • ステップ4 解放(Liberation)の「L」
  • おわりに 言い忘れていた、大切なこと

 

に分かれています。

 

はじめに 知っておいてほしいこと

ここでは、まずFAQと題して、「週4時間働くという考えに対してのよくある質問」に対して筆者がひたすら回答していくページがあります。

これは読み飛ばしても支障はないです。

ただ見開き1ページだし筆者のキャラが出てて面白いので読んでもいいと思います。笑

 

そのあと、「病状経過の年表」という題で、筆者ティモシーの人生の年表が登場します。

この年表、そのへんの伝記にあるような無機質なものとはわけが違って、とにかく面白いです。

ティモシーの非凡さ、破天荒さ、常識破りで無鉄砲なようで超人的な人生の軌跡が書かれています。

 

初読のときは、どうしてティモシーの人生の年表がはじめに収録されているのか不思議でしたが、ステップ1まで読み終えた今となってはその必要性がわかります。

 

ティモシーがティモシーであるために、「週4時間」だけ働くスタイルは生まれ、

「週4時間」だけ働くことの目的は、ティモシーのように生きることだからです。

 

これを理解するためには、次の『ステップ1 定義(Definition)の「D」』まで読む必要があります。

 

ステップ1 定義(Definition)の「D」

ここで、ステップ1の「定義」とはなんの定義のことかをしっかり抑えないと、この本にはついていけなくなります。

なんでかって、この本は

偉人の名言、ティモシーの体験、本論、具体例、理解を深めるための質問リスト……などなど。

 多くの要素から成り立っているので、ぼけっと読んでいると印象的なストーリーだけ頭に残って本論が抜けてしまうからです。

 

さて、本題にもどります。

ステップ1でいう「定義」とは、

「成功」や、その周辺の言葉の再定義だと私は理解しました。

ステップ1をものすごくざっくりまとめると、

 

このあと続くステップ2~4までの話を理解するために、いったんあなたの中の常識的をまっさらにして、新しい意味で言葉を定義していきましょうね。

ということが書かれているんです。

 

それほどに今までの常識とは違う話がされるということです。

頭を柔らかくするのがまずステップ1でやるべきことです。

 

常識的な考えをいったんすてて考えようというときに、わかり易い例だったのが、「絶対収入」と「相対収入」の話。

 

「絶対収入」と「相対収入」

あなたは、給料が増えれば、より楽しい生活を送ることができると思いますか?

これは殆どの人がYesと答えるんじゃないかと思います。

 

それでは、給料が増えることが本当に大切なのでしょうか?

ここからは本文の引用です。

2人の働き蜂社員が競い合っているとしよう。社員Aは週に80時間働き、社員Bは週に10時間働く。2人とも年に5万ドルを稼ぐ。さて、真夜中をリッチに過ごしているのはどちらだろうか?Bと答えたなら正解。これが絶対収入〈absolute income〉と相対収入〈relative income〉の違いだ。

 

簡単すぎる問いに思えるかもしれませんが、このようにティモシーが出していく「新しい定義」をひとつひとつインプットしていくことが、ステップ1では重要なようです。

 

特に、「資産的な金持ちであること」と、「億万長者のように暮らすこと」はイコールではないということに関しては何度も強調されます。

 

他にも、私達が日頃思い込んでいる常識が次々再定義されていきます。

 

ティモシーの逆説的な再定義

・いくら直しても人並みになれないような弱点の修正より、強みを増強しよう

・最も恐れていることこそ、もっともする必要があること

・行動することのデメリットばかり考えるのではなく、なにもしないことの大きな損失に目を向けよう

 

などなど。

 

ここにつらつら書き連ねてもしょうがないので、詳細は本を読んで下さい。

 

まとめると、

「週4時間」だけ働く。|ステップ1 定義(Definition)の「D」で抑えるべきポイント

  • この本を読むのに常識は邪魔者。
  • 言葉の意味の再定義をしっかりおさえること。

 (あらゆる言葉が、あなたが今まで使ってきた意味では使われない。)

  • 特に、金銭の額と豊かな生活はイコールではないことに要注意

こんなところでしょうか。

 

ステップ1読了までに100ページほどなのですが、内容だけではなく文章が結構面白いです。笑

600ページ超と、少し重ためですが、楽しんで読んでいこうと思います。

 

それでは。