読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yondana

読んだこと、学んだこと、楽しんだこと、思ったことを書き留めてしまっておく場所。

ミンスクの台所|ベラルーシ料理(六本木)|Tastes the world

こんにちは。

 

世界中のごはんを味わうために旅行をしたかったけど、東京でなんでも食べられることに気づきました。

そこで、東京近辺の世界の郷土料理が食べられる場所に行ってきます。

 

今日はお友達に教わった、六本木のベラルーシ料理屋さんです。

restaurant-minsk.tokyo

 

ベラルーシ料理|ミンスクの台所

六本木一丁目駅からのアクセスがわかりやすいです。

周辺にあまりお店がないので、「ほんとにここであってる…?」ってなりますが大丈夫です。

ちかくにこれまたおいしいイタリアン料理屋さんがあります。

イタリアンというと気軽なイメージだけど、こちらは落ち着いていてデートにも良いなとおもってます。また紹介します。

 

ミンスクの台所は、現在ディナーだけの営業です。

店内は内装も照明もあったかいかんじ。北国の家庭っぽさがあって素敵です。

マトリョーシカ人形や厚手のクロス類がベラルーシ感満点。

 

ベラルーシはロシアとウクライナの近くにある国です。

世界一美女が多いともされています。

ベラルーシ 美女」で検索するとベラルーシに行きたくなります。

でもちょっと行きにくい国です。

たしか審査みたいなのが必要です。

 

ミンスクの台所の予算と料理

こちらでは、前菜、メイン、デザートと頼む感じが良いのかなと思います。

メインだけだと晩御飯には少ないです。

f:id:honamik:20170330203333j:plain

 

マチャンカ(豚肉のサワークリーム煮)

やっぱり寒い地域は煮込み料理が美味しいです。

クレープ生地でソースをたっぷり絡め取って食べるのがおすすめ。

ほろほろに煮込まれた鶏肉をクレープ生地がふんわり包んで、

間からクリーミーなソースがとろとろでてきてお口の中が幸せになります。

 

ちなみに、メニューには「ピョートル大帝のステーキ」って肉料理があります。

世界史を思い出しておもしろいですね。

海外で日本料理のメニューに「KAMIKAZE」とか「TOKYO」とかついてる感覚。

 

デザートは「ホヴォロスト」というクッキー。

 

f:id:honamik:20170330203857j:plain

 日本人的にはこれをクッキーと呼ぶのは不思議な感覚。

周りのソースと生クリームをつけて食べます。

あまくて美味しい。

好き嫌いの分かれない味だと思うのでおすすめ。

 

飲み物はやっぱりウォッカの品揃えが豊富です。

カクテルや他のお酒も揃っているので安心。

 

前菜+メイン+デザート+お酒2杯で、3000~4000円くらい見ておけば大丈夫だと思います。

 

ミンスクの台所に行くときは

六本木のメインストリート(ヒルズやミッドタウン周辺)からは少し離れているので、

そちらでの買い物とかを済ませてから行くのが良いと思います。

 

あまり席数多くないので、事前に予約するのがおすすめ。

入れなかったら、近くのイタリアンの方に行くか、六本木一丁目まで行けばビルの中にレストランが幾つかあります。

 

雰囲気も落ち着いていて、料理も量が多すぎず、女性受けの良さそうなお店です。

なにより、ベラルーシ料理という物珍しさを抜きにしても何度も食べに行きたい味です。

 

いつかメニュー制覇したいお店の一つです。

それでは。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村