Yondana

Yondana

読んだ本、見た映画、世界のごはんと双極性障害とかのお話。

世界の朝食が食べられる『WORLD BREAKFAST ALLDAY』|Tastes the world

こんにちは。

 

日本に居ながら世界のごはんが食べられるなんて、こんなに幸せなことはないです。

だいたい「タイ料理レストラン」とか「フランス料理レストラン」とか、どの国の料理家決まってるんですが、今回ご紹介するお店は少し違います。

 

なんと、世界の朝食がローテーションで楽しめます。

この記事の目次

 

WORLD BREAKFAST ALLDAY

渋谷にある、『WORLD BREAKFAST ALLDAY(ワールド・ブレックファスト・オールデイ)』では、2ヶ月ごとに国を変えて世界中の朝ごはんが楽しめます。

www.world-breakfast-allday.com

私はイスラエル料理の月に行ってみました。

中東の料理は「池袋のディープなアラビア料理『パルミラ』」で食べたことがあるんですが、結構日本人には馴染みのないおいしさの印象です。

それでは、さっそく紹介します。

 

アクセス

WORLD BREAKFAST ALLDAYは、渋谷の中心地からは少し離れたところにあります。渋谷区ではあるけど、渋谷駅よりも原宿駅からのほうが近いです。

竹下通りから歩いて10~15分くらいでした。

 

----お店の住所はコチラ↓↓---------

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-1-23-1F

-------------------------------------------

 

周辺はそんなにガチャガチャしていないです。

入り口はこんなかんじ。

右上に写ってるプレートが目印です。↓↓

f:id:honamik:20170521193130j:plain

ちなみに、他に目印になりそうなものがありました。

「港区」の道路標識と、。↓↓

f:id:honamik:20170521194314j:plain

原宿の竹下通りとセットで遊ぶと良いかもしれないです。

 

お店の雰囲気

お店はこじんまりしています。真ん中に大きなテーブルが1つあり、それを囲う形で座ります。

朝食っぽい。

10人ちょっとしか座れなそうなので、3人以上で行くときは電話で確認したほうが良いかもしれないです。

 

雰囲気は、おしゃべりがしやすくて家庭的なかんじです。

今にも隣の席の人達と会話がはじまりそうな雰囲気。

少人数で行くのが適してると思います。

 

メニューの感想

今回は、イスラエルの朝ごはんと、レギュラーメニューのイギリスとアメリカの朝ごはんが選べました。

 

私が注文したのは、イスラエルの朝ごはんとざくろティーです。

f:id:honamik:20170521195159j:plain

こちらがイスラエルの朝ごはん。

手前の目玉焼きが乗った赤い料理は「シャクシュカ」。赤いのは野菜を煮込んだものです。卵がとろけて美味しい。

奥にはオリーブオイルを使ったサラダや、「ラバネ」というひよこ豆のペーストがついてます。

味は異国感溢れていて、でもしっかりおいしい。

外国のものなので口に合わないものもあるかと思ったけど、完食でした。周りのお客さんもだいたい完食してましたね。

 

味だけじゃなく文化も学べるのが魅力

このお店の一番の魅力は、単に○○料理を食べるだけに終わらないところ。

各席にパンフレットがおいてあり、その国の食文化がわかりやすく紹介されています。

なぜこの食材を使うのか。なぜこの食文化が根付いたのか。

 

例えばイスラエルだと豚は食べないとか、海の生き物でも魚はOKでタコはNGとか。

 

こういう知識があると、食事にも気合が入るというか、楽しくなります。

 

レシピ本も出てる

お店に飾ってあったんですが、世界の朝ごはんのレシピ本を売っているみたいです。

 

お店で食べられるメニューは2ヶ月ごとに変わっていくけど、レシピ本があれば過去のメニューも作れるのでうれしい。

 

 

普段なにげなく食事をしているけど、食材の選び方とか調理の仕方には文化的な背景がかならずあると思います。

なので、食事から異文化を理解するって合理的だと思うし、なにより気軽でたのしい。

 

ぜひ試してみてください。

それでは。

 

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ